photo

里見 和浩
東京医科大学循環器内科分野

photo

向井  靖
福岡赤十字病院循環器内科

このたび、私たち2人で第2回Japan VT Symposiumの当番幹事を担うこととなり、大変光栄に思っております。代表幹事の河村光晴先生(牧田総合病院)をはじめ、顧問、幹事の先生方と協力して実りのある研究会にしていきたいと存じます。

本会はコロナ禍の中、2021年11月20日に東京において無事に第1回を開催し、各施設のご事情や出張制限もある中、100名を超える参加者にご来場いただき、盛会に終えることができました。3次元的VT回路の概念や遅延伝導の3D表示法が新たに考案され、VTのマッピング法は着実に進化し、関心が高まっています。そして何より、致死的病態であるVTを高いレベルで診療し、克服したいという日本の不整脈医の熱意を感じられる第1回開催でした。

第2回開催がさらに盛会となるよう、VTのデバイス治療、電気生理学、アブレーション等に関する演題を、全国の先生方にふるってご応募いただきたいと思います。

VTに関して多くを学び、実りのある意見交換ができる貴重な1日となることを期待しています。コロナ禍の社会状況も徐々に好転して来ております。東京で皆さまとお会いできることを心より楽しみにしております。