第1章 総則

第1条 本会は、Japan VT Symposiumと称する。

第2章 目的および事業

第2条  本会は、循環器疾患、特に心室性不整脈に関する診断、治療(薬物治療、カテーテル心筋焼灼術、デバイス植込み術)に関する症例検討および研究を通して会員相互の情報交換を行い、診療の発展や若手医師を教育することを目的とする。

第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1 学術研究会、症例検討会を開催する。
2 その他、本会の目的達成に必要な事業を行う。

第3章 会員

第4条 会員は地域・施設は問わず、不整脈、特に心室性不整脈に興味を持ち、かつ本会の目的に賛同するものとする。

第5条 その他、役員が承認したものを会員にすることができる。

第4章 役員の職務

第6条 各役員の職務は、下記に定めるとおりとする。
1 顧問は、本会の職務を補佐し、指導・アドバイスする。
2 代表幹事は、本会を代表して職務を統括する。
3 幹事は、本会の職務を補佐して会務を処理する。
4 会計監査は、会計の職務および監査を遂行する。
5 事務局長は、代表幹事が任命し事務局を代表して業務を総括するとともに事務局の会計も兼務する。また、議事録を作成し、保管および管理をする。

第5章 役員の任期

第7条 役員の任期は、下記に定めるとおりとする。
1 代表幹事および幹事の任期は3年とし、再任を妨げない。
2 事務局長および監査役の任期は3年とし、再任を妨げない。
3 役員の再任には、任期中に1回以上の幹事会への参加を要する。

第6章 研究会および症例検討会

第8条 研究会および症例検討会の開催は、原則として年1回とする。

第7章 会計

第9条 本会の経費は、本会の事業に参加する会員の会費、寄附金、その他の収入をもってこれに充てる。

第10条 本会の事業年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

第11条 本会会費は、研究会参加費の2,000円とする。

付則

1 本会則は、2021年4月1日より施行する。
2 本会事務局は、牧田総合病院および仙台厚生病院に置く。
3 本会則に定めない事項については、その都度幹事会にて協議決定する。
4 本研究会の設立当初の役員は、次に掲げるものとする。

役員

1  顧問
副島 京子(杏林大学)
夛田 浩(福井大学)
野上 昭彦(筑波大学)

2 代表幹事
河村 光晴 (牧田総合病院)

3 幹事
上田 明子 (杏林大学)
里見 和浩 (東京医科大学)
関口 幸夫 (榊原記念病院)
徳田 道史 (東京慈恵会医科大学)
中原 志朗 (独協医科大学埼玉医療センター)
深水 誠二 (東京都立広尾病院)
福沢 公二 (神戸大学)
水野 裕八 (大阪大学)
宮本 康二 (国立循環器病研究センター)
向井 靖  (福岡赤十字病院)
森島 逸郎 (大垣市民病院)

4 会計監査
深水 誠二 (東京都立広尾病院)

5 事務局長
山下 賢之介(仙台厚生病院)