発表者 所属 タイトル
28回 1998年 夛田 浩 群馬県立循環器病センター循環器内科 高周波カテ−テル焼灼術後に逆行性Purkinje電位が記録されたVerapamil感受性特発性心室頻拍の2例
29回 1999年 なし
30回 2000年 宮内 靖史 日本医科大学第一内科 Radial Incision術後に出現した心房頻拍に対してカテーテルアブレーションを施行した2例
31回 2001年 なし
32回 2002年 なし
33回 2003年 浅川 哲也 山梨厚生病院循環器科 アブレーション前後においてMahaim電位を詳細に観察しえた反方向性房室回帰性頻拍の1例
34回 2004年 岩崎 雄樹 日本医科大学第一内科 QRS波形および先行周期の交互現象を認めた左脚前枝起源ベラパミル感受性特発性心室頻拍の一例
35回 2005年 窪田 彰一 横浜労災病院循環器科 心室期外収縮波形によって引き起こされる頻拍が規定された虚血性心筋症Electrical Stormの1例
36回 2006年 窪田 彰一 横浜労災病院循環器科 孤立性遅延電位の役割とアブレーション効果を詳細に検討しえた催不整脈性右室異形成の1例

注)第36回までは。演題応募時の評価で最高得点の演題を最優秀演題として載せています。

発表者 所属 タイトル
37回 2007年 村上 正人 岡山大学循環器内科 外科的アプローチによって根治しえた心外膜側起源リエントリー性心室頻拍の1例
38回 2008年 浅川 哲也 山梨厚生病院循環器科 特異な旋回回路を呈したIsthmus dependent ATの一例
39回 2009年 横式 尚司 北海道大学病院循環器内科 Plemorphismを呈したPrukinje起源心室頻拍の1例
40回 2010年 田中 正道 岡山大学循環器内科 左室心外膜側にて著明なJ波とout of QRS potentialが記録されたBrugada症候群(J wave syndrome)の一例
41回 2011年 金城 貴士 筑波大学大学院人間総合科学研究科循環器内科 心室細動のトリガーとなる心室性期外収縮に対するカテーテル焼灼術が著効したカテコラミン感受性心室頻拍の一症例
42回 2012年 浅川 哲也 山梨厚生病院循環器科 非持続性心室頻拍様心電図所見とMobits II型の偽性第2度房室ブロック所見を呈した心室二重応答の一例
43回 2013年 中川 晃志 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科循環器内科 左室側壁心外膜側に不整脈基質が存在すると考えられたJ波症候群の一例
44回 2014年 前野 健一 都立広尾病院循環器科 Vein of Marshallを頻拍回路に含むことが証明されたridge related tachycardiaの1例
45回 2015年 岡 英一郎 日本医科大学循環器内科 左室心外膜側瘢痕内のectopyの進出ブロックによりアブレーションの効果が判定できた拡張型心筋症に伴う持続性心室頻拍の1例
46回 2016年 中谷 洋介 富山大学大学院医学薬学研究部内科学第二 左房-CS musculature接合部の伝導遅延により規定される頻拍周期のオルタナンスを認めた房室回帰性頻拍の1例
47回 2017年 松浦 朋美 徳島大学病院 循環器内科 遅速型房室結節リエントリー性頻拍中のdirect slow pathway captureに基づく順行性遅伝導路同定法についての検討
48回 2018年 山口 由明 富山大学大学院医学薬学研究部 内科学第二 Very slow pathwayの遠位付着部位がヒス束内であることが示唆された非通常型房室結節リエントリー性頻拍の1例
49回 2019年 若松 雄治 日本大学医学部附属板橋病院循環器内科 "極端に長い房室伝導時間を伴ったConcealed nodo-ventricular fiberを介した発作性上室頻拍の一例 "
50回 2020年 関原 孝之 大阪南医療センター 循環器科 Nodofascicular/Nodoventricular (NF/NV) pathwayによる頻拍resetのタイミング・心房シーケンスは頻拍回路に依存することが示された一例
51回 2021年 花木 裕一 筑波大学医学医療系循環器内科 流出路への通電で抑制された上方軸を呈するBi-Ventricular Tachycardia
52回 2022年 神崎 泰範 大垣市民病院循環器内科 僧帽弁後側壁—冠静脈洞内筋束—マーシャル靭帯—左肺静脈左心耳綾を経由する回路が推定された房室回帰性頻拍の一例